AGA治療は体へのリスクを常に考慮し継続していきましょう | AGA仙台|AGA治療院を選ぶ際に後悔しない為のまとめ

AGA治療は体へのリスクを常に考慮し継続していきましょう

AGAとは男性型脱毛症のことであり、主に成人以降の男性に見られる進行性の脱毛症です。
脱毛の例としては頭頂部、前頭部、そしてこめかみの部分から薄くなっていくものがあり、日本人は頭頂部から薄くなるタイプが多いとされています。

遺伝的な要素、環境的な要素で発症しますが、主要原因としてはDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が作用することにより、薄毛が引き起こされると言われています。

テストステロンという男性ホルモンが頭皮に存在する5αリダクターゼと呼ばれる物質と結合することにより、テストステロンの約10倍から30倍の強さがあるとされる男性ホルモン、DHTに変化することで、脱毛が起こり、薄毛が進行するのです。

髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、成長期、退行期、休止期の3つに分かれています。

正常な人であれば4年から6年の周期で髪の毛は成長し、成長を止め、そして脱毛するというサイクルを繰り返すのですが、DHTが高濃度になることにより、髪の毛の成長は阻害され、ヘアサイクルが乱れてしまうために、成長しきっていない短い髪の毛が目立つようになってしまうのです。

このサイクルはAGAを発症している限り、永続的に続き、徐々に短い髪の毛が増えていくことで頭皮に隙間が見られるようになり、やがてはっきりとした薄毛の状態になります。

AGAは内服、外用の治療薬で改善することが可能であり、使用法を守り、使い続けることで、およそ90パーセント以上の患者に薄毛の改善が見られたという臨床結果が報告されています。

主な効果としては、薄毛を進行させる物質DHTを阻害し、ヘアサイクルを正常に戻す、そして血行の良化、頭皮の細胞の活性化を促し、育毛を促進させるといったものがあります。

これらはそれぞれ別の作用であり、DHTを阻害するもの、細胞の活性化を促すものを併用することで、薄毛の改善に期待をもつことができます。

現在、治療薬を用いることなく、発毛の維持を行うことは難しいとされており、長期的に使用することで薄毛は改善され、以前の状態かそれ以上の状態に、頭皮環境は戻るとされています。

ですが、AGAは完治させることが非常に難しい症状であり、一度頭皮環境が正常化されたからといって治療を止めてしまえば、髪の毛は細く薄くなり、薄毛の状態は再び引き起こされてしまう可能性が高いです。

治療法を用いたとしても、薄毛の根本原因であるDHTを完全に、長期的に撲滅することは叶わず、阻害する効果のある薬の使用を停止することでDHTは再度活性化し、ヘアサイクルは乱れることとなります。
そうなれば平常になっていた抜け毛の本数は増加し、以前かそれ以上に薄毛は深刻化します。

基本的に薬を使用して発毛した髪の毛はそれ以外の方法での維持はなされないと言われ、生活習慣の改善、運動などの血行の良化を試みたところで、著しい発毛は期待できないとされています。

ゆえに外部による永続的な治療が必要であり、1度発症すれば薄毛が一生進行し続けるのがAGAという病です。

内服、外用とわず治療薬には漏れなく副作用があるとされ、特に内服には生命を脅かす、非常に危険な副作用があるものも存在しています。

全身のむくみ、腎不全、心不全などの重篤な副作用が臨床結果として報告され、容量をある程度抑えることで、リスクを減少することは可能ですが、それでも体調への不安を抱え、治療を進めなければいけないことに変わりはありません。

AGAの改善にはそうした危険性のあるものの使用が不可欠であり、体へのリスク、体調を崩す可能性を常に考慮しながら、治療を続ける必要があります。

永続的なだけに、健康面を常に考えることが肝要になるのです。



このページの先頭へ