AGA専門病院と皮膚科でのAGA治療の違い | AGA仙台|AGA治療院を選ぶ際に後悔しない為のまとめ

AGA専門病院と皮膚科でのAGA治療の違い

AGAは進行性の脱毛症ですので、薄毛が気になり始めたのであればすぐに治療を受けることが重要です。
現在はAGAの認知度も広まっており、治療を受けることが出来る場所も増えています。その中で、治療を考えている患者によく比較されているのが専門病院と皮膚科での治療です。

この二つは同じようにAGA治療を受けることが出来る場所ですが、一体、その治療内容にどのような違いがあるのでしょう。

まず専門病院の場合ですが、最も特徴的なのがかなりの高確率で効果を得ることが出来るという点(もちろん100%ではありませんが)です。

専門病院はその高い専門性を用いて、患者個人個人に合わせたオーダーメイド治療を行えるという強みがあります。

例えば、治療をはじめる前には、血液や遺伝子の検査、髪質、頭皮のチェックなど精密に患者の情報が集められますが、こうして集まった情報を元に医師が治療方針を決め、必要な処方薬やその量などを調節することが出来るようになっています。

また通院頻度が多いのも特徴であり、一般的には一ヶ月に一度の通院が求められます。

これは現在の治療方針で確実に効果が上がっているのかを医師が確認するためでもありますが、経過写真を用いることで患者自身も治療効果を客観的に確認して、治療意欲を高めるということにも役立っています。

このように専門病院での治療は医師と患者が密接に関わり合いながら進めていくことが特徴であり、それゆえに高い効果を上げることが出来るのです。

では、皮膚科の場合はどのような治療が行われているのでしょう。

まず皮膚科にもよりますが基本的には細かい検査はなく、簡単な血液検査と問診のみで治療が開始されます。

治療の幅も狭く、一般的にはプロペシア錠と呼ばれる投薬のみということがほとんどです。

通院頻度に関しても薬の副作用がなかったかを確認するために初回のみ1ヶ月後に再来院ということが多く、あとは3ヶ月や半月といったように間隔があいており経過観察をすることはほとんどありません。

このようなことから考えれば、AGA治療で高い確率での効果を得るためには専門病院がもっともよいといえるのですが、難点をいえば費用が高額となってしまうことです。

一般的な皮膚科の場合、費用は月に1万円前後となりますが専門家の場合は月に3万円程度かかりますし、かつ通院頻度も多いため、費用の負担が大きくなります。

ですので、出来るだけ費用の負担を抑えたいと考え場合は、皮膚科での治療も選択肢の一つとしておすすめといえるのです。

追伸:
しかしながら…当サイトではやはり専門病院での治療を一番おすすめしております。



このページの先頭へ