AGAは専門のお医者さんに診てもらい早期に対策をとろう | AGA仙台|AGA治療院を選ぶ際に後悔しない為のまとめ

AGAは専門のお医者さんに診てもらい早期に対策をとろう

薄毛や抜け毛の原因は男性ホルモンが原因の男性型脱毛症「AGA」であることが分かり、今では専門医が多く見られるようになりました。かつては高額なカツラを使用したり植毛をする以外は、市販の育毛剤を使用した結果なかなか効果も表れずに断念するしかないという状況でした。しかし今ではカツラや植毛技術も発達し、AGA治療法も確立したので薄毛をあきらめることもなくなりました。

AGAの原因となるのは男性ホルモンのテストステロンです。それは思春期の頃から多く分泌されるので早ければそのころから薄毛に悩まされることもあるのです。そのテストステロンが5αリダクターゼという物質によってジヒドロテストステロンというホルモンに変化します。そのジヒドロテストステロンが毛母細胞に入ると発毛して毛を育てるという働きを阻止し、ヘアサイクルを狂わせてしまうのです。毛には成長期、退行期、休止期があるのですが通常は2年から6年ある成長期が半年から1年という短い期間となるため生えてきた毛が十分成長しないまま短くて細い毛が退行期を迎えて抜け落ち、新しい毛もなかなか作られずに生えてこなくなり薄毛となってしまいます。

薄毛になる原因が男性ホルモンと5αリダクターゼにあるとわかったことでそれらの分泌を抑制することがAGA治療法となります。発毛効果のあるといわれている成分はたくさんあり、市販の育毛シャンプーや育毛剤にそれらの成分が含まれています。そしてそれらの有効成分の中で臨床結果を行った結果、副作用や効果の面からAGA治療に最適な治療薬はどれであるかを日本皮膚科学会がガイドラインを作成して推奨度を示しています。数ある薄毛の治療法や対処法の中で、十分に臨床結果が得られなかったという成分もありますが、推奨度がAランクとなった二つの成分がAGA専門の病院で使われています。

その成分はミノキシジル外用薬とフィナステリド内服薬です。ミノキシジルは血管拡張剤として使われている成分ですがその成分の薬を服用している人に多毛の症状が現れてきたというデータがたくさんあったのです。それを外用薬として頭皮に塗ることによって頭皮の血流がよくなって毛母細胞の働きが活発になり発毛促進につながったり、血液が行き届くことで毛母細網に栄養が十分に行きわたることで発毛した毛を成長させるサポートができるということです。

またフィナステリド内服薬は前立腺の治療に用いられる成分ですが、同じようにその成分の薬を服用している人に多毛の症状が現れたというデータが多くあることから薄毛に効果があると立証されたのです。フィナステリドは男性ホルモンの働きを抑制する成分なので前立腺の治療と共通したところもあります。AGA専門の病院ではこれらの二つの成分を用いたオリジナルな治療薬を使って治療しています。そしてこの成分の入った治療薬はドラッグストアなどで一般的に購入できるものではなく専門医に受診をすることで処方してもらえる薬です。

市販の育毛剤を長い間続けても改善が見られない場合、もしかしたらあまり有効性のない方法を続けているだけかもしれません。日本皮膚科学会の診療ガイドラインで有効性や副作用の少なさをデータをもとにしてAランクに推奨されている治療法が改善の早道といえるのです。だから薄毛に悩みだしたら専門医に診てもらうことが大切です。

それとともに脂っこいものの食べ過ぎを控えたり、栄養バランスの良い食事をしたり、禁煙や禁酒をしたり、適度な運動をするなど生活習慣の改善を図り、頭皮のマッサージをして血流をよくすることがさらに改善を早める方法です。血流がよくなると体全体も健康になり肌もきれいになるので、健康と美容、毛髪とすべてがよくなります。すると心も健康になって生き生きとした生活が送れるのです。



このページの先頭へ