AGAの原因は男性ホルモンのせい!?ホントのところはどうなの? | AGA仙台|AGA治療院を選ぶ際に後悔しない為のまとめ

AGAの原因は男性ホルモンのせい!?ホントのところはどうなの?

AGAでお悩みの方は、どうしてAGAになるのか、原因はご存知でしょうか?
まず、AGAとは、男性型脱毛症のことを言い、男性ホルモンが大きく関係していて、男性のはげの多くがこの男性型脱毛症が原因です。

症状としては生え際や前頭葉(頭部の前側)やつむじの辺りのてっぺんが薄くなります。
進行すると、最初は抜け毛が増え、生えてくる毛が細くなり、短いうちに抜け、最終的には産毛のような細いけ毛ばかりになり、地肌が目立ってくるようになります。

このような症状が出ている方はいませんか?
もし、あてはまる方は要注意です。

これには男性ホルモンが密接に関係していますが、直接的な原因となるわけではありません。
男性ホルモンの一種であるテストステロンという物質が関係してきます。

テストステロンには筋肉の量を増やしたり、性欲増進御作用があり、成長していく上で不可欠なホルモンであり、直接的に脱毛促進をするわけではありません。
このテストステロンというホルモンと、頭皮に存在するリダクターゼという酵素が出会うことで、脱毛物質に変化し、発毛サイクルの異常を引き起こし、毛が十分に成長する前に抜けてしまうのです。

テストステロンはすべての男性に存在しますが、どうしてはげる人とはげない人がいるのかと疑問に思われた方がいるのではないかと思います。
それは体質の問題となってくるので遺伝が関係してきます。

じゃあはげはあきらめるしかないのかと思われた方、お待ちください。
生活習慣や食生活も要因になってきます。

髪の毛も体の一部ですので、不規則な生活を続けると弱ってきます。
食生活が偏ったり、睡眠時間が少なかったり、ストレスが大きいと代謝や血行が悪くなり、十分な栄養を毛根に届けることができなくなり、これらのことがAGAの進行を早めたり、ホルモンバランスの乱れを引き起こし、AGAに影響してくることが考えられます。

食事でしたら、男性型脱毛症に効果的と言われている栄養素を補給してください。
特に必須ミネラルの一つであるといわれる亜鉛は、ホルモンの生成や活性化、バランスの調整をする働きがある重要な成分です。

イソフラボンなどの成分も摂取することで体内から育毛をサポートしてくれます。

自分の薄毛や禿げが男性型脱毛症が原因かどうか知りたい方は専門家に見てもらうことが大切です。
まずは、自分の薄毛やはげているのはなぜなのかを知り、間違った対処法で進行を早めることは防ぎたいですね。



このページの先頭へ