ミノキシジルタブレットで発毛を狙う効果的な飲み方とは? | AGA仙台|AGA治療院を選ぶ際に後悔しない為のまとめ

ミノキシジルタブレットで発毛を狙う効果的な飲み方とは?

ミノキシジルタブレットは、文字通りミノキシジルを成分にしたタブレット、つまり飲み薬となっています。塗り薬であるミノキシジルを配合した育毛剤が日本では市販されていますが、頭皮に塗るタイプとは違い、体内に吸収することで効果的な発毛が期待できます。

しかし、このミノキシジルタブレットは、飲み方が定まっておらず、処方されたけどどうやって飲めばいいのか分からない人も多いようです。通常は5mgか10mgで販売されていますが、特殊なケースでは容量が異なることもあるので、飲む前にまずは手元にあるミノキシジルタブレットの容量がどれくらいか確認しましょう。

また、1日の上限は100mgなどと言われていますが、ミノキシジルは体への負担が大きく、腎臓や肝臓が機能障害を起こすこともあるので、間違っても100mgも服用しないようにしましょう。正しい飲み方としては、1回1錠として5mgを飲める時間に服用します。手元に10mgしかない場合は、ピルカッターなどで半分に割って使用するといいでしょう。

成分であるミノキシジルは血管を拡張させる作用があるので、どうしても血圧が低下してしまいます。そのため、服用する時間は定まっていませんが、寝る前の血圧が低下する可能性がある時間帯は避けて、寝起きなどの朝に飲むと良いとされています。飲む時間帯をバラバラにすると、血中濃度が薄れてあまり髪に良い影響を与えることができないので、服用する時間帯は定めて、同じ時間に飲む習慣をつけましょう。

効果が見られない場合は、10mgに増量して飲んでも問題ありませんが、かなり高濃度で服用することになるので、体に異常を感じたらすぐに服用を中止します。服用回数は1日1回と言われていますが、あえて1日2回で5mgを飲んでいる人もおり、12時間おきに飲むことで血中濃度を維持して、発毛効果を上げようとする方法です。10mgで増量して飲むよりは、5mgを2回に分けて飲む方が効果は見込めると言われています。

ミノキシジルタブレットは発毛を促進してくれる医薬品ですが、元々は高血圧症の患者に使用される薬ですので、長期にわたって飲むような薬とはなっていません。そのため、ある程度の発毛が実感できたら、服用する回数を毎日から1日置き、2日置きと伸ばしていき、最終的には服用を中止するようにします。飲むのを突然止めると、血圧に急激な変化が起こって体に異変が起こることもあるので、徐々に慣らしていくのが良いとされています。

※今回の記事は参考程度に留め、必ず専門医から個別にアドバイスをもらうようにしてください。当記事の情報によってなんらかの異常等が現れましても当サイト運営者は責任を負いかねます、予めご了承くださいませ。



このページの先頭へ