ジェネリックのAGA治療薬はあるのでしょうか?AGA治療薬の個人輸入はリスク有りなのでおすすめしません | AGA仙台|AGA治療院を選ぶ際に後悔しない為のまとめ

ジェネリックのAGA治療薬はあるのでしょうか?AGA治療薬の個人輸入はリスク有りなのでおすすめしません

AGAを治療する方法の一つが医薬品を利用する方法となっています。
日本でもその薬自体は認可されているので、病院で処方してもらう事は可能です。
また海外から個人輸入で入手する事もできるので、その方法で手に入れている人も少なくありません。

ただ、現時点では日本国内ではまだAGAの治療薬のジェネリック自体は認可されていません。
だから病院でどれだけお願いしたとしても処方してもらうという事は不可能です。

ジェネリックは後発医薬品の事で、以前開発された物の有効成分を利用して作られている物の事です。
製法や見た目などは違う事も多々あるので、100%同じ物であるという訳ではありません。
ただ有効成分は同じ物が含まれているので、同様の効果を期待する事が出来る物となっています。
また、ジェネリック自体は開発研究費をぐっと抑える事が出来るので、それそのものの価格も安くなります。
医療費が気になるという人にとっても、それを利用するだけで医療費削減を可能とするので、患者にとってもメリットがある物だと言って良いでしょう。

AGA対策の物に関しても、実は海外ではジェネリックも販売されており、それを利用している人はいます。
ただ日本では認可されていないので、それを入手しようとするには個人輸入を利用する方法などしかありません。

また、ジェネリックは確かに比較的安価なので利用価値はとても高いと言えますが、注意すべき点もあります。
その一つが健康に対する注意です。

確かに価格は安く、AGAの場合は長期間治療をしなければいけなくなってしまうので、それを利用する事によって治療費はぐっと抑える事が出来ます。
しかし日本で認可されていないという事は、日本人向けではないという事だと考えても良いでしょう。

海外の人に関しては健康被害が報告されていないとしても、日本人が服用したらもしかしたら何かトラブルが起きてしまう可能性もゼロではありません。
だから、安いからと言って適当に選んでしまうのはとても危険だと言えます。

もう一つは自己責任で服用するという事です。
国内で認可されていないという事は、医療機関で処方してもらう事が出来ません。

処方されたものであればトラブルが起きた場合は医師・薬剤師にも責任がありますが、この場合は自分が勝手に飲んだ物になるので、責任の所在は自分になるという事を知っておきましょう。
だから、安全に利用する為にも適当に服用するのではなく、自分の体の調子には充分気をつけなければいけません。



このページの先頭へ